神戸の脱毛サロンを探す@口コミおすすめランキング

男性の不妊検査

不妊の原因は、男女半々であるとデータに出ています。男性でも、女性と同じくらいに不妊の原因を抱えている可能性があるのです。そのため、不妊の検査は夫婦して行うことがすすめられています。

 

不妊治療の基本検診には、過去にかかった病気、開腹手術の有無、幼児期の停留精巣、思春期以降におたふくかぜに掛かっていないか、夫婦生活は正常に営めているかなどの問診が行われます。また、視診や触診などから、精巣や精巣上体の大きさなども確認していきます。

 

次に、精液を採取して精子の数や運動率を調べる精液検査があります。白血球が多く見られる場合は、培養検査が行われて細菌の種類が調べられます。無精子症や精液減少症であれば、射精後の尿を採取することで膀胱に精子が逆流していなかどうかを調べます。これを、尿中精子検査といいます。

 

採血では、男性ホルモン、卵胞刺激ホルモン、黄体ホルモンなどの数値などの数値を調べることで陰嚢部超音波検査を行います。精巣用量、精巣腫瘍、精索静脈瘤の有無なども調べた上で、それでも不妊の原因が不明な場合、精密検査へと進みます。

 

無精子症や乏精子症による不妊の疑いがある場合は、精密検査で陰嚢を1センチほど切開します。精巣組織を採取して、造精機能を調べる精巣生検検査が行われるのです。

 

他にも、精管に造影剤を注入して、精管精巣造影検査や精子の染色体検査などが行われることもあります。